【コラム】スーダン人との他愛もないお金の価値の話


(現在)

こんにちは。ちょっと体調が戻ってきて嬉しいホーリンです。

今日はたまたま、道端の屋台コーヒーショップ屋さんの前に座っていてスーダン人たちとお話しして生まれたお金の考え方にまつわるお話です。

僕はスーダン人のおっちゃんと他愛もない会話をして、(スーダンに入ってから、タイ人、フィリピン人にしか思われない話とか、名物料理ハトを食えとか、)

今は旅行中なんだ。って話をしたら、

あー、金持ちなのね!お金は誰がくれたの?

みたいな感じで、僕が働いて貯めてきたよー。って話すと、

まぁ、それなりに物価の違いなどを理解しているのか、深く質問してきませんでしたが、

結婚しているのか?

スーダン女性はどうだ?

嫌いか?黒いからか?

と聞いてきて、

結婚は、多分8年後の35歳で、スーダン女性と結婚はない。綺麗だけど、イスラム教だから難しそうだ。

まだ独身か?非常に危険だ。そして、イスラム教の女は最高だ!

といろいろ熱く語ってくれました。

子供は?

という問いで、

3人くらい欲しい。

って答えると、

あー、三人か!いいね、三人だとお金そんなにかからんしね!

えー。3人だったらそんなにお金かからないんだ!

ってちょっと羨ましく思いました。

僕は、コーヒー屋の隣でずっと話をしていて、一杯20円でそのコーヒーは売られているようで、1時間でやって来たお客さんは3人。

原価が分からないけど、時給60円でも全然大丈夫そうで、コーヒー屋のおばあちゃんは、僕が食中毒でお腹が痛いという話をしたら、下痢止めの薬を持ってきてくれたり、とても優しくて、話をしていたおっさんも、病院を紹介してくれたり、ホテル捜しを手伝ってくれた若い薬剤師もたまたま通りがかって、大丈夫か?って声かけてくれて、なんだかとても人の温かみを感じました。

ちなみに、コーヒー屋の横にいるホームレスで、お金恵んでと言っていたおじいさんは、1時間で無収入でした。

なんだか、ものを売ったりしている人の横で、何もしていない人がお金ねだるなよ。

とか、この人にお金恵んだらこのコーヒー屋のおばちゃん怒るだろうな。

って勝手に妄想して、お金はあげれませんでした。

それにしても、今日はお金の話です。

スーダン人はアフリカの中ではマシな方だと思うけど、世界的にお金はあまり持っていない国だと思います。

日本は世界的に見るとお金持ちです。僕はお金が大好きです。

で、最近訪れた国のお札を集めていて思ったことが、どこの国のお札も他の国では使えないただの紙切れ又はプラスチックじゃんってことです。

単位だけで言うならジンバブエの100兆ドルが1番価値あるし、ベトナムの10000ドンもすごい価値のようですが、どちらも、1ドル以下ですし、単位は関係ないです。

でも、人が一生生きるのにかかる値段は国によって違います。

日本は子供1人育てるのに2000万円、大学400万円、それから、社会人40年に数千万円、ガンになったら、治療費300万円、、、

あげたらきりがないですが、お金はどうやらたくさんかかりそうです。

ですが、最低支出だけで見れば、なんとかなりそうな気もします。

家賃も探せば1万円の場所もあります。食費も1万円です。交通費は10km以内は自転車で走り切ります。水は公園のお水を飲めます。洋服はバザーや、リサイクル店で500円以内、アルコールも意外と100円で飲めちゃいます。
携帯はwifiフリーを探して、インターネットは図書館で無料。

実は日本は、意外と発展途上国に毛が生えた値段で生きて行くことができます。

そう、助け合えば。

例えば教科書も新しい必要もなく、兄弟のお下がりや、親戚、友人から譲ってもらう。

病気はかかってから病院にいくのでなく、普段からかからない努力をする。

日本人みんなお金持ちになっちゃって、当たり前で大したことないものを大げさに、日本は不景気だ。将来年金が、、、

とか問題にあげてしまっているのかな?って感じちゃいました。

スーダン人の方々と環境に生きるヒントをもらったような気がします。

スーダンは、電気は多分ありますが、夜は真っ暗で、Wi-Fiどころか、コンセントの穴も足りなくて、携帯の充電をするのも譲り合い。

携帯もガラケーどころか、95年式みたいな、ゲームボーイみたいな画面の色で昨日は恐らく電話とメールのみ。

時々サムソンギャラクシー使っている人がいて、

おっ、ブルジョワか?!

と思って見てみると、ギャラクシーs2という、大分古い型を使っていたり。

なんだか、日本で働いていた時に時給800円でとか、時給600円で安いとかブチブチ文句言っていたのが懐かしく、今なら

えっ、1時間600円も貰えるの?マックシェイク6杯も飲めるじゃん!しかも、クーラーきいてる職場でしょ?天国じゃん!!

スーダンの人は50度の炎天下で時給50円でも、笑顔一杯だよ。クーラーのある職場なんかほとんどないよ!

自分がなんて恵まれてるんだ。自分がお金をもらったら、世界中の人ってのは難しそうだけど、せめてその周りの人にも幸せになってもらえるようにお金をみんなで使おう。

って考えます。お金の価値って人それぞれだから、1000万円貯金があって不安な人、3万円の貯金で大富豪と思う人。

僕は限りなく前者から後者になっているような気がします。

なんかお金はないけどその代わり人同士の繋がりがより深く、笑顔も多い、幸せ度の結構高い国で、幸せや幸福を忘れがちな日本が参考にするお手本のような国だと思います。また、僕のくすんだ心の洗濯ができました。

なんだか、インターネットなしの環境の方が、考え事が増えるし、人との触れ合いが増えて、より楽しいです。

アフリカが段々居心地良くなってきました。

トイレの汚さも、街の汚さも、ハマりそうです。

それでは今日はこの辺で。

おしまい。

今日も最後までブログを読んでくれてありがとうございました。

最後に下にあるバナーをクリックしてもらえると嬉しいです。
ランキング形式になっていて僕に10点入ります。

ランキング上位になって、もっと人様の役に立てるようになりたいです。

前回のブログでは、10人の方から応援クリック頂きました。ありがとうございました。


にほんブログ村

※追伸

(´・_・`)(´・_・`)(´・_・`)(´・_・`)(´・_・`)

現在、リアルタイムで東アジアをエジプトから南アフリカへ南下中です。東アフリカって、情報があまりなくて、旅行に困ることは多いと思います。物価もホテルの値段もコロコロ変わるし、犯罪、マラリアなどの病気情報なども最新のものが良いと思います。

だから、東アフリカ旅行する方は、質問などがあったら何でもメールや、フェイスブックで連絡下さい。答えられる範囲でお答えします☻☻☻

「旅人は助け合いましょう。」

メールアドレス
k19870409lovemf@yahoo.co.jp

フェイスブック
s060145@kansaigaidai.ac.jp
で検索

(´・_・`)(´・_・`)(´・_・`)(´・_・`)(´・_・`)