【北海道 チャリンコ 2日目】憧れの「北の国から」の舞台【富良野】【美瑛】へ。るーるるるるる

富良野のラベンダー畑 富良野のラベンダー畑

準備不足感満載のまま初日を終え、二日目に突入した【ホーリン】です。

 

数年ぶりの野宿ということや、野生動物であるクマや鹿に襲われないか?と若干びくびくしながら寝たため、睡眠という睡眠はとれずに、なんとか4時過ぎに日の出とともに無理やり起きて早めの出発をしようと起き上がりました。

確か寝る前寒くて自販機の温かいお茶やココアを買おうとしたら、冷たいのしかなくて、買ってから気づいてお金の無駄遣いを悔やみました。

思ったほどの筋肉痛の辛さはありませんでしたが、お風呂に入れなかった気持ち悪さのせいで、不快指数マックスでした。

 

とりあえず、今日は目標が【富良野】あわよくば【美瑛町】までと考えていたホーリンは、とりあえず早起きできたことにテンション高めで朝食をセイコーマートで買って食べました。

 

セイコーマートってみなさんご存知ですか??

 

ホーリンは北海道にくるまで、セイコーマートの名前も存在も聞いたことがなかったのですが、北海道全土にまたがる、一大コンビニチェーンであります。

セイコーマートのHP

スクリーンショット (11)

 

すごい、このセイコーマートって、北海道全土に【1196店舗】も出店しており、1号店はなんと、セブンイレブンよりも早く日本に出店していたそうです。

今の世代のコンビニ業界の先駆けだったっていうことですね。恐れ入れいます。

常に安かろう良かろうにこだわるホーリン厳選コスパ最強朝食

 

チャリダーのガソリンと言われる大事な朝食

そんなこんなで、セイコーマート略して【セコマ】を出て、朝日を浴びながら気持ちよく走っていました。

今日の目的地はアップダウンがあることを知っていたので、多少覚悟していましたが、最初の2時間ほどでしんどくなってきました。

 

とりあえず、富良野を目指して走りますが、地図上はそんなになくても意外と町があって、チャリンコで走りながら、今回の北海道チャリンコ旅行のきっかけとなった【北の国から】の舞台の一つである【空知川】の看板に感動して写真撮ったり、テンションはかなり高かったと思います。

チャリ旅のきっかけとなった北の国からの舞台の名所の一つ

北の国からの舞台となった空知川

 

ドラマを見ながら、自分の弱さであったり、寒さや冬の辛さを快適に過ごせる幸福感を感じながらも、めちゃくちゃ暑くて熱中症になりかけながら、多少水の摂りすぎぐらいで今回は走ったと思います。

 

チャリで走っていて休憩したり止まるスポットってだいたい決まっていて、【景色の良い場所】か、【道の駅】になります。道の駅はそのなかでも有益な情報が得られたりご当地のお土産や食べ物が気軽に食べられるので好んで立ち寄るようにしていました。

 

そして、別に止まるべき場所でもありませんが、北海道は田舎の方に行くと、バス停が結構豪華で雨風しのげて、ドア付きで寝れるくらいだよ。と聞いていましたが、実際田舎の方に行くと、確かに都会のいわゆるバス停より休憩しやすい設備になってきたと思います。

雨風がしのげるが老朽化が激しいバス停 abandoned bus stop

北海道のバス停雨風しっかりしのげる

 

1時間に一本あるかないかの時刻表 bus timetable

バスの時刻表

 

 

時刻表も1時間に1本あるかないかですが、車が運転できない人のライフラインとしてとても大事だなと思います。特にお年寄りの方や免許がない人は町に出るのも一苦労です。今後電車やバスの利用者がどんどん減っていき廃線などが起こると思いますが、悲しいとともに受け入れなければいけない現実かなと少しドライな目線で見てしまいました。

チャリダーで日焼けビフォーアフター写真ビフォー編

チャリダー2日目ということでまだ全然日焼けしてない

 

北海道の道の駅で販売されるスイカ

1玉まるごとスイカ、食べたいけど食べきれない

 

北海道の道の駅で売られる赤肉メロン

北海道の道の駅で売られる赤肉メロン

 

 

北海道の道の駅にある可愛い人形

個人的に八百屋の小物が好きでツボ

 

 

 

道の駅芦別の星の降る里百年記念館

どこまでも広がる空と広い土地 星の降る里百年記念館道の駅芦別

 

 

道の駅芦別特産の【石炭ラーメン】をお土産にいかが

後藤商品は珍しいものも多い【石炭ラーメン】

 

 

のどかな北海道芦別周辺のゴルフ場

叫びたくなる解放感たっぷりのゴルフ場

 

絶品!なまらうまい海鮮丼の誘惑と戦い中

なまらうまそうな海鮮市場

 

 

北海道富良野で有名なへそ祭り

北の国からでも舞台になった有名なへそ祭り、来年は参加したい

 

北海道の新鮮獲れたてさくらんぼと濃厚オレンジジュース

生きていてよかったと叫びたくなる美味しい果物

 

北海道の先例とも言える33度の気温

見えにくいが気温がこの時点で27度

 

出会いと別れと人生を考えさせられるドラマロケ地のJR富良野駅

さだまさし先生ありがとう出会いと別れを意識した富良野駅

 

 

アナログの看板が胸にしみる富良野駅の看板

アナログの看板が胸にしみる

 

いつでも出身者を出迎えてくれる北海道の駅

いつでも出身者を出迎えてくれる北海道の駅

 

観光客がかなり多い富良野駅前

富良野駅前の様子

 

 

田中邦衛も通ったJR富良野駅

ミーハーな自分という一面を再確認できるショット

 

 

北の国からのロケ地ということで有名な富良野駅

富良野駅構内お土産もあります

 

 

 

意外と外国人旅行者の方が多い富良野駅

意外と外国人旅行者の方が多い

 

辛くても暑くても進むしかない北海道富良野の道

辛くても暑くても進むしかない北海道富良野の道

 

 

北海道富良野の広大な空

北海道富良野の広大な空

 

 

 

空と夏のにおいを感じながら走る富良野の道

走っているだけで気持ちいい道

 

 



富良野のラベンダー畑

富良野のラベンダー畑

 

 

 

富良野のメロンとラベンダー畑

富良野のメロン

 

 

 

富良野の空は広い

空が広い

 

 

富良野のラベンダー畑でウェディングフォト

富良野のラベンダー畑でウェディングフォト

 

 

 

富良野のラベンダー畑

富良野のラベンダー畑

 

 

富良野のラベンダー畑

富良野のラベンダー畑

 

 

富良野のラベンダー畑

富良野のラベンダー畑

 

 

富良野のラベンダー畑

富良野のラベンダー畑

 

 

富良野のラベンダー畑

富良野のラベンダー畑

 

 

富良野のラベンダー畑

富良野のラベンダー畑

 

 

富良野のラベンダー畑

富良野のラベンダー畑

 

 

富良野のラベンダー畑

富良野のラベンダー畑

 

 

富良野のラベンダー畑

富良野のラベンダー畑

 

 

富良野のラベンダー畑

富良野のラベンダー畑

 

 

 

 

 

 

 

 

富良野に着いて、ドラマの舞台になったJR富良野駅で写真を撮り、もっとドラマの舞台となった場所を訪れたいと思ったのですが、既に足が棒になってしまっていたのと、一つ一つの場所が20キロほど離れていたため、今回ロケ地巡りをするのはあきらめ、ラベンダー畑とひまわり畑を目指して、突き進みました。

 

 

大量の昼食と、大量の水分と、大量の発汗で乳酸が溜まり、日頃の運動不足が一気に体力を奪い、せっかくの員スタ映えスポットにっても、疲れて10分ほどで写真を撮り終え本日の目的地を目指して先を急ぐことにしました。

なんとメロンの食べ放題もあります

なんとメロンの食べ放題もあります

 

 

北海道の夕張メロンは甘くてジューシー

北海道の夕張メロンは甘くてジューシー

 

 

北海道の夕張メロンは甘くてジューシー

北海道の夕張メロンは甘くてジューシー

 

 

北海道美瑛町のラベンダー畑

北海道美瑛町のラベンダー畑

 

 

北海道の美瑛町にはひまわり畑も

北海道の美瑛町にはひまわり畑も

 

 

北海道美瑛町の道路

北海道美瑛町の道路

 

 

北海道の美瑛町にはひまわり畑も

北海道の美瑛町にはひまわり畑も

 

こういう、急いで急いでの旅をしていると、見たいものも見れずにやりたいこともできずになんでこんなに辛いことをしているのだろうと自己嫌悪に陥ります。全くもって時間をぜいたくに使う有意義で幸せな馬鹿野郎と自分ノことを自己分析しながら、既に足の感覚、注意力も散漫になりながらなんとか到着した本日の宿泊予定地の【道の駅美瑛】がなんと、普通のレンガで作られた倉庫で、屋根があるところにテントが立てれそうにないやばそうな場所で、途方に暮れながら最寄りのライダーハウスかキャンプ場を検索すると、5キロほどの場所にライダーハウスが見つかりました。

 

すぐさま電話をかけると、ライダーハウスの管理人の方が、「一応泊まることはできますが、かなり汚いですが、本当に大丈夫ですか?内見だけして泊まるのを諦めて帰られる方も結構いますがよろしいですか?」

 

と、かなり念を押されてからライダーハウスなるものを訪れましたが、汚いことを事前に伝えてくれて、とても日本らしい素晴らしい配慮だなぁと思いました。

と、同時にその配慮をみんなで掃除するという方向に持っていければ尚更いいのになぁと思いました。笑

 

そんなこんなで、【ライダーハウス蜂の宿】に無事到着し、セイコーマートにて夕飯を買いその日は就寝しました。

ライダーハウスは確かにそんなに綺麗ではありませんでしたが、思ったよりも1万冊ほどの漫画、プレステ?任天堂64、麻雀卓、キッチン、洗濯など幅広い設備があり、お値段はなんと【500円】という良心的なお値段でとても満足しました。(確かシャワーはコイン式で5分100円とか?)

 

そして、ここが実は北海道の最も有名な沈没宿の一つだと後で聞かされました。(僕の友達はここに7泊もしたらしい)

ライダーハウスの前には使われなくなったSL列車があり、夜はそこがレストランになり500円か1000円か忘れましたが、食べきれないほどのライダーサイズの夕食を食べることができるそうです。今回食べることはありませんでしたが、次回訪れた際はぜひとも食べてみたいと思いました。

北海道チャリダーの野郎ディナー

北海道チャリダーの野郎ディナー

 

 

日本中から集まるかっこいいバイクとチャリンコ

日本中から集まるかっこいいバイクとチャリンコ

 

 

北海道SL列車を改造したレストラン

北海道列車を改造したレストラン

 

 

北海道のライダーハウスはゲームから漫画喫茶が一日中遊べる

北海道のライダーハウスはゲームから漫画喫茶が一日中遊べる

 

 

北海道ライダーハウスのアナログ手作り感満載のホワイトボード

北海道ライダーハウスのアナログ手作り感満載のホワイトボード

 

 

北海道のライダーハウスのドミトリー部屋ベッドたち

北海道のライダーハウスのドミトリー部屋たち

 

 

北海道のライダーハウスの老舗間溢れる掘立小屋

北海道のライダーハウスの老舗間溢れる掘立小屋

 

それでは今日はこのへんで。

 

それでは、本日のまとめ

★★★★★★本日の寝床★★★★★★

 

ライダーハウス蜂の宿

営業期間 4月~10月まで

料金   500円( 施設利用料として )

施設   洗濯機、wifi、トイレ、シャワー(有料200円)

※ 男女別相部屋です

住所   〒071-0214

北海道上川郡美瑛町幸町4丁目3-17

( 966号線沿い、美瑛神社の向かい )

オーナーさんはとてもフレンドリー長期の人もいるから、新参者アウェー感がないこともないけど、普通のチャリダーやライダーさんもいるのでそういうとこで気軽に話しかけてみて、仲良くなれます!

500円は安い。(シャワー別途200円)

正直、僕は気に入ったので2週間とか沈没してみたかったです。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

本日立ち寄った場所

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

富田ファーム

 

住所:〒071-0704 北海道空知郡中富良野町基線北15号

電話番号:0167-39-3939

☆ベストシーズンは7月15日から30日くらい

※年によって台風などが来て、全て倒れてしまったりもするらしい※

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

~~~~~~~ホーリンの家計簿~~~~~~~

まさかの家計簿のデータが消えたため、今後家計簿発表はなし、残念!

~~~~~~~ホーリンの家計簿~~~~~~~

本日の走行距離104キロ


にほんブログ村


生活・文化 ブログランキングへ

こちらのバナーを押してほかのブログ仲間のブログも読んでみてくださいね。

 

 

 

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA