ファンガレイで危うく火事!!ミニ喧嘩事件の巻

ニュージーランド,スーパー,カウントダウン,pak'n'save,パッカンセーブ,マオリ,先住民,キウイ,ヒッチハイク,野宿, ニュージーランドのスーパーでかい

 

 

 

 

ニュージーランド,スーパー,カウントダウン,pak'n'save,パッカンセーブ,マオリ,先住民,キウイ,ヒッチハイク,野宿,

ニュージーランドのスーパーでかい

 

 

 

こんにちは。ホーリンです。

 

前日ビーチで一夜を過ごし、なかなか風やコンディションが悪く、ビーチは洞窟や、どこか風をしのげるところでないと、ニュージーランドのビーチの風はなかなか強敵だと気づいた。

 

 

この日は、朝早くテントを片付け、お店も近くに無いので早めに撤収してヒッチハイクを開始した。

 

 

ヒッチハイクを始めて、そんなに時間かからずに、次の載せてくれる車が止まった。

 

 

彼はアルゼンチン人で、今はエンジニアとして、ファンガレイという町に住んでいる。

 

ファンガレイという近くの町まで乗せてもらえることになった。

 

ファンガレイは、ニュージーランドで、人工ランキング第11位の都市。

 

 

さて、人工は何人でしょう??

 

 

 

 

 

答えは…

 

 

 

 

 

57000人!!!!!!!

 

 

 

えっ?5、7万?57万人でなくて??

 

 

 

はい、ニュージーランドあるあるですが、ニュージーランドは、一極集中型の、人口ピラミッドなので、有名なオークランド、ウェリントン、クライストチャーチだけでおよそ、全人工50パーセントを超えてしまうそうです。

 

 

ニュージーランドは、総人口自体500万人いないくらいなので、だいたい、東京の多摩地方の人口と似ているそうだ。

 

 

ニュージーランドの大きさが日本の75パーセントと考えると日本がいかに密集しているかわかる。

 

 

話は戻ってファンガレイに着き、とある公園におろしてもらい、そこが、かなり土地が広く、人も少ない安心できそうな場所だったので、そこに泊まろうと考える。

 

 

食料の確保のため、スーパーに買い物に出かける。2kmくらいあったので30分ほど歩く。

 

久々に大きい町とスーパーなのでたくさん買い出しすることもできたが、荷物は極力少なくしたかったので、最小限にした。

 

 

そして、この町は、港が有名で、なかなか綺麗だった。

 

写真は撮り忘れ。または、どこかに行ってしまった。

 

 

そう、その頃ホーリンは少し疲れていた。

 

 

今まで、ずっと一人旅をしてきて、初めて2人で行動する事に。

 

一人って、孤独感はあるが

全て自由に好きなことを好きな時にできる。

 

だが、二人旅だと、起きる時間、食べる時間、何するか、どこへ向かうか。

 

 

それすらも相手に気を使わないといけない。

 

最初の2日間くらいは楽しかったが、だんだん相手に気を使う事に疲れ初めていた。

 

 

そして、その日は、インスタントラーメンを作るために、鍋とカセットコンロみたいなのを手に入れた。

 

 

カセットコンロみたいなのが、キャンプ用の用品で、どうやって使えばいいかわからなかったため、店員さんに使い方を聞こうとしたら、キャンプ用品担当の人がいなかった。

 

 

仕方ないから、使い方わからないけど買ってみた。

 

 

そして、公園に戻り、自分達のテントを立てて、夕ご飯の支度を始めて、そのカセットコンロ?みたいなのを使おうとした。

 

コンロと、土台の部分を挟む部分が、うまくはまらなかった。そして、カチカチやっていたが、なんともならずに、とりあえずゆるい状態で火をつけたら、いきなり火がすごい勢いで燃え上がる!

 

 

火の勢いが凄すぎて、ガスの出力を調整するボタンのところまで燃えている。

 

 

つまり、火を止めることができない。

 

 

水をかけて火を消そうとしたが、水をかけてもガスが漏れて、再び火がつく。

 

 

あー、これはヤバイ。

 

 

下手に動かして熱くて投げてしまったりしたら、芝生に火がもえうつってしまう。

 

仕方なくそのままガスが全てなくなるのを待つ。

 

 

5分ほどしたら、土台の部分が燃えてしまい火がようやく止まった。

 

 

ガスを出力するボタンのところは完全に溶け切ってしまっており、本当に危なかった。

 

 

その事に対しyenは、怒っており、使う前に何で確認しなかった??

 

明日返品を求めて、そのお店に行く。

 

 

と、言った。

 

なんだか、この話がとてもタイムリーな事件と重なってしまう。

 

 

それが、2020年5月23日に亡くなった木村花さんというプロレスラーの方が起こした「コスチューム事件」

 

 

詳細は、シェアハウスで、1台の洗濯機を6人で住んで共有していて、ある1人がある人の洗濯が終わっていて、中を確認せずにそのまま、また洗濯をして、さらに乾燥までしてしまったから、コスチュームが縮んで使えなくなってしまったという事。

 

 

この、事件のポイントは、

 

①そのコスチュームが縮んだ事で、使えなくなって、とたも大切にしていたものだから、と一方的につめられる。

 

②その乾燥までした人は洗濯機の中身を先に確認しなかったのが悪い事。

 

③共有のすみかなので、洗濯が終わったら速やかに次の人のために取り出す。そうしないでほっておいたのが問題。

 

④多人数で、合同生活するには、自分や家族だけでないと住むので、価値観が違うし、犠牲の心も必要だし、多様性も必要だと言う事。

 

 

 

ただ、ホーリンのように、今回ガスコンロを自分の失敗によって台無しにしてしまい、更に怒られ、責められるという経験をしてしまうと、若干のトラウマを持ってしまうし、2人旅をしている状況だと、相手を信頼できるのかな?と考えてしまう。

コスチューム事件とは

 

 

その翌日、カセットコンロを買ったお店に行き、交渉をしたら、なんと無料で返品をすることができた。

 

 

ダメ元でいってみてよかった。

 

 

 

心におう傷は深い。

 

 

考えすぎな性格は良くない。

 

お互い疲れたホーリンたちは、その日もだらだらと過ごしてしまい、公園には充電するところがないため、充電をするために、マクドナルドに行った。

 

 

すると、なんとそこにおとといヒッチハイクをしてくれたアルゼンチン人の人がいた。

 

 

世の中は何かの糸で繋がっているのではないか?

 

そう考えさせられる出来事だった。

 

マックで充電が終わるため、一番安いハンバーガーと、ジュースで3時間ほど粘った。

 

 

貧乏旅行は【計画】と、【戦略】と【忍耐】でできている。

 

 

さあ、明日もどこか遠くへ行けるかな?

 

 

では今日はこの辺で。

 

目標達成まであと40記事40日!!

 

にほんブログ村


生活・文化 ブログランキングへ

皆様の暇つぶしのクリックが、世界とホーリンを救う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA